離散フーリエ変換への道 (3) 離散時間フーリエ変換

前: equal-l2-works.hatenablog.com 離散時間フーリエ変換 離散集合を考える。 ここで、の各要素は等間隔に増大する変数に対応するものとする。 この対応をとする。 ただし、とする。今、変数とすると、 と書ける。 離散関数を可積分な連続関数として扱うには、各サンプルにデルタ関数を掛けて あとはこ…